テクノブレイン新千歳用Jetway公開

今週はいろいろと用事があったりして、シーナリーの製作にほとんど時間がかけられないので、あまり手間のかからなさそうな別の作業をしたりしています。

そんなわけで、以前に伊丹・羽田と作ってきたテクノブレインシーナリー用のJetwayの新千歳版を作ってみました。

といっても羽田のものとほとんど変わっていなかったので、羽田のもに非常に細かい修正を加えただけで完成しました。
修正内容としては、参照するテクスチャのファイル名が変わっているので、テクスチャを指定しなおして、GUIDをもともとのRJCCのJetwayと同じものに変更しただけです。

P3D V3にて試してみたところ、無事にタイヤ部分が正しく表示されました。
2016-9-28_22-32-5-834

これで無事に修正されてめでたしめでたし、と思ったのですが、Ctrl-Jを押してみると、
2016-9-28_22-32-5-836

このようなメッセージが表示されて動作しません。
Jetwayがあるスポットに駐機しろということらしいです。
ちなみにテクノブレインのオリジナルのJetwayデータでも同じでした。

この状態で、空港選択画面を表示させると、
p3d_airport

このようになるので、どうやらRJCJに駐機しているとみなされているっぽいです。
GSXがうまく動作しないのと同じようなことでしょうか。

以前はきちんと動いていたと思うので、3.4へのバージョンアップで何か変わったんでしょうか?

ちなみに修正版のファイルをFSXで試すとこのようにきちんと動作します。
2016-9-29_22-38-56-38

まぁ、中身的には羽田のものと変わっていないので、動いて当然なのですが。

動作しなくても欲しいという方は、おまけコーナーのページでダウンロードできます。
動作していない状態でも見た目は変わりますので、一応導入するメリットはあるかと思います。

導入方法などについては伊丹・羽田と同じです。
BGLファイルを全て入れ替えてください。
オリジナルのファイルはバックアップしておくことをお勧めします。

そのうち那覇もやるかもしれませんが、自分のシーナリーを優先していますので、いつになるかわかりません。
あまり期待せずにお待ちください。

小松で行き詰ったら、気分転換にやってみようか、などと思ったりもしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください