P3Dでの低視程時の滑走路照明のちらつきについて

P3Dで霧など視程が低いときに、滑走路の照明が点滅するような感じでちらつくという現象が発生しています。

当サイトのシーナリーだと、函館・富山・大分・小松で発生しています。
高知・宮崎では発生しないようです。

発生している空港から、原因はSCASMで配置した滑走路の照明だと思われます。
SCASMで作成されたBGLファイルはFS2004以前の形式のはずなので、P3Dで問題を起こしても不思議ではないかと思っています。
FSXではある程度FS2004との互換性を保っていましたが、P3Dではかなり切り捨てられているような印象があります。

対策方法はわかっていまして、小松を修正した様子をYouTubeにアップしました。

まだ、修正は暫定的なものなので、修正後はPAPIが光らなくなるなどの問題が発生しています。

この修正を行うと、FSXでは滑走路の照明が表示されなくなるため、P3D向けには修正ファイルを配布する形になるかと思います。

ただ、現在秋田空港製作中にもかかわらず、忙しくてなかなかシーナリーの作業ができない状況なので、いつ公開できるかわからない状況です。

修正内容としてはそれほど大した内容ではないので、そのうち修正できましたら公開する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください