秋田空港 3D grassによるFPS低下と道路消失問題・その他最終調整の状況

秋田空港は現在最終調整を行っています。

秋田空港で少し問題となっている点として、P3D v4でDynamic Ligtingを使用したときに3D grassがあるとFPSが低下することと、空港周辺の道路が消失するということがあります。
最終調整の際にこれについても、何とかできないかと試していました。

3D grassについてはいくつか試してみたのですが、残念ながらどれもうまくいきませんでした。
3D grassとDynamic LightingとFPSの両立は難しいようです。

3D grassはP3DではDynamic Lightingを使わない場合でも結構FPSに影響するような気がしています。
これについては、使う方に判断してもらって、FPSの低下を抑えたいというかたは3D grassのBGLファイルを抜いてもらうようにしようかと思います。

道路が消失する問題については、地形のデータをBGLに出力する際の設定を変えたら、道路が元に戻りました。

こちらが修正前の画像です。

修正後はこのようになりました。

消失した道路や川が再度出現していますが、修正した地形の近くはやはり道路が消えてしまっています。
ただ、以前よりは各段に消失している範囲が小さいので、これでも消えている部分は手動で道路を追加するようにしています。

道路くらいなくなってもいいかな、とも思ったのですが、こんな具合に道路がない部分に車が走ったりといった現象が発生していました。

遠目にはあまりわからないのですが、近くで見るとかなり違和感があったので、解決できてよかったと思っています。

あとはそのほかの調整をいろいろとやっています。
この期に及んで街路樹を追加したりしています。

最終段階になると、いろいろと気になるところが出てくるものです。

最終調整もいよいよ終わりが見えてきた気がしています。

公開は間近となっていますが、ホームページを作ったり、公開できる状態にまとめたりする作業が必要となります。
お待たせして申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください