小松空港 P3DでPAPIが表示されない問題の修正ファイル

先日小松空港をV1.01にアップデートしましたが、こちらのV1.01をReadmeファイルの通りにインストールすると、P3DでPAPIが表示されなくなるという問題が見つかりました。

この問題を解消するためのファイルをアップロードしました。

ダウンロードはこちら

ダウンロードしたファイルを解凍してできる「RJNK_ADEX.bgl」を「P3Dフォルダ\Addon Scenery\FSSA_KOMATSU_RJNK\scenery」にある同名のファイルに上書きしてください。

PAPIが表示されない問題は発生していないという方はRJNK_RWYLIGHTS.BGLを削除を忘れていると思われます。
このファイルがあるとP3Dでは霧の条件の時に滑走路照明にちらつきが発生してしまいます。
霧以外の時は特に問題ないので、さほど大きな問題でもない気もしますが。

この霧の時の対策のために滑走路照明はすべて作り直したので、この時にPAPIが抜けてしまっていました。
秋田に続き小松もアップデートが続いてしまい申し訳ありませんが、この問題が発生している方は上記のファイルをダウンロードしてインストールをお願いします。
正式には年明けに小松をもう一度アップデートしようかと思っています。

現在富山についてもアップデートを進めています。
富山も小松同様に滑走路の照明はタッチダウンゾーンは光らないということがわかりましたので、修正したり、P3D v4向けにはDynamic Lightingを導入する予定です。

なお、富山空港は現在通常版とSODE版の2種類を公開していますが、次からSODE版に統一して、秋田のようにSODEなしで使いたい方向けには、SODE不要で動かすためのファイルを別途用意して適用してもらう形にすることを考えています。
理由はメンテナンスが面倒だからなのですが、現在公開中の通常版とSODE版で本来同じファイルが入っていないといけないものが、アップデートの際に片方しか更新していないと思われるものがあり、違うファイルになっているものなどが見つかっているため、そろそろ通常版とSODE版の両方をメンテナンスしていくのはやめたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください