PISセントレア 修正データの公開

PISのセントレアシーナリーですが、少し気になっていたところがあったので修正してみました。

まず最初の気になる点ですが、ILSのローカライザが滑走路と少しずれています。
修正前と後での動画を撮影して見ましたので、実際のずれの様子と修正後の様子は動画をご覧ください。

次に最近知ったのですが、ゲートの番号がずれています。
Google Earthなどで確認するとわかるのですが、本来の1番ゲートの位置にゲートがなく、2番ゲートの位置が1番ゲートとなっているため、ゲートの番号がひとつずつずれてしまっています。

これについては、グランドポリゴンやターミナルのゲート番号標識はテクスチャの番号をずらせば簡単に修正できるので、テクスチャを修正することでゲートの番号をずらしてみました。
以下は修正前後の画像の比較です。

ただ、これだと1番ゲートが存在しなくなってしまいます。
1番ゲートを追加するには、グランドポリゴンを修正する必要があるのですが、グランドポリゴンは後から修正することが困難なため、あきらめるしかないかと思っていました。
ただ、いろいろと試してみると何とか修正ができるかも、ということがわかってきましたので、グランドポリゴンを修正して1番ゲートを追加してみました。

多分ほかのシーナリーだとグランドポリゴンの修正はそうそう簡単にはできないんじゃないかと思います。

なお、1番ゲートを追加したことにより少し弊害が出ています。
1番ゲートのために空港車両用の通路をずらしたのですが、ずらしたことにより通路上にほかのオブジェクトが重なってしまいました。


このあたりの建物も位置などが実際と違ったりするのですが、これを修正しようとすると結構大変そうなので、これについてはあきらめることにしました。

さらに、以前から気になっていたのですが、ゲート番号標識がしょぼいので、現実のように位置座標がついたタイプに変更し、さらにVDGSも追加してみました。

VDGSは形だけとなっていて、動作はしません。
動画させたい場合はGSXでVDGSを追加したりする必要があります。

なお、このゲート番号標識なのですが、ターミナルやほかの建物も含めひとつのファイルに入っていました。
このため、オリジナルの標識を削除するためには、モデルをgmaxで編集しなおす必要があったのですが、gmaxで編集できる形に変換すると、FSXのテクスチャの設定など一部の情報が失われてしまいます。
極力オリジナルの設定に戻したつもりではありますが、完全にオリジナルと同じではなくなっている可能性があります。
また、グランドポリゴンについても完全にオリジナルと同じ状態にすることは難しく、微妙に位置のずれが発生しています。

空港の南側のエリアですが、実際は13番ゲートが存在しないはずなのですが、PISのオリジナルの状態では13番ゲートも存在しているため、こちらのエリアはゲートが2つ分ずれています。
こちらも同様に修正しています。

一番南の端は、ゲートがひとつ多くなっていると思われるため、削除しました。

このエリアについてもゲート番号の標識を設置していますが、実際には25番ゲート以降はこの標識は設置されていないような気がしています。
AIS JapanでVDGSは24番ゲートまでしか設置されていないことが確認できたので、25番以降はゲート番号のみとしたのですが、Google Earthを確認してみると、そもそも番号標識も含め設置されていないように見えます。

いまいち実際がどうなっているかがわからないのと、そもそもこのエリアはあんまり正確じゃなさそうですし、せっかく作ったので設置したままになっています。

24番ゲートについては、ゲート番号標識が変な位置にあったので、正しい位置に移動させました。

一番南側のこちらのエリアですが、404~406の3つのスポットが設置されていますが、実際は405~408の4つのスポットが設置されているようです。


番号をずらすだけであれば修正しようかとも思ったのですが、スポットの数が違いますし、これを修正するなら、さらに南側が拡張されているのでその部分も追加したいところですが、そこまでやるとなるとかなり大変になること、Google Earthで過去の航空写真を確認すると、拡張前の当時としては正しい配置になっていることなどを考慮し、そのままとしました。

なお、1番ゲートも過去はなかったんじゃないかと思って、Google Earthで確認してみましたが、2007年の時点では今の位置に1番ゲートがあります。
Google Earthでさかのぼれる一番古い2005年の写真だと、路面のラインがあまり見えないので、はっきりとわかりませんが、2005年時点でも1番ゲートは今の位置にあるように見えます。

あとは、昔から知られていた橋の上でクラッシュが発生する現象もついでに修正しています。

修正ファイルは以下のリンクからダウンロードできます。

ファイルダウンロード(ZIP形式、1.29MB
こちらで修正版をダウンロードできます。

こちらのファイルはFSX・P3D両方にそのまま使えます。
インストールは上書きすればOKですが、前述のとおりグランドポリゴンやターミナルの建物などが完全にオリジナルのままとはなっていないこともありますので、オリジナルのファイルはバックアップするか、拡張子を変更して非表示にしておくことをお勧めします。

PISセントレア 修正データの公開」への4件のフィードバック

  1. TSUBAME

    はじめまして。
    セントレア修正データDLさせていただきました。ありがとうございます。
    このセントレアは結構いい加減な作りで、夜間はタクシーウェイ等のライトが点灯しません…。

    返信
    1. scherzo002 投稿作成者

      そういうバグもありましたね。
      おそらく、これを修正しようとすると大幅に製作方法を見直さないといけなかったりして、修正を見送ったんじゃないかと思ったりしますが、
      ユーザーとしてはP3D版というからにはこれくらいは修正してほしいですよね。

      返信
  2. くりがしら

    P3D版でタクシーウェイ等のライトが点灯しない修正はPISから修正版出てますよ。私はPISに直接メールしていただきました。
    そのtaxiwaylightとrunwaylightが点灯するファイルをもとに上記の修正ファイルを作っていただけないでしょうか?

    返信
    1. scherzo002 投稿作成者

      フォーラムにも同内容の質問をされていましたので、フォーラムに返信いたしました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください