函館空港・大分空港アップデート公開 秋田・小松・富山も再アップデートしました

函館空港の修正については前回の記事に書いた通りです。

今回は大分空港の修正内容を中心に書いていきます。

まず最初に誘導路照明に本体と支柱が分離してしまっているものがありました。

ほとんど気付かないような場所ではありますが、気付いてしまったら気になっていたので修正しました。

次にほかの空港と同様に大分でもP3D v5で使用するとデフォルトの建物が重なって表示されてしまいました。

こちらはほかの空港と同様にデフォルトの建物を削除して、P3D v5に対応させています。

P3D v4以降向けにはDynamic Lightingを設置しています。

後は一部のテクスチャを修正しています。
例えば誘導路の照明などのテクスチャを変更しています。

このタイプにテクスチャを修正すると光が少し小さく見えてしまうのが難点なのですが、実用上問題はないかと思います。
このようなテクスチャを使用する際は3Dモデルもテクスチャに合わせて大きめに作らないといけないのですが、そこまで修正するとなるとかなりの手間がかかりますので、テクスチャのみの修正としています。

他にも、P3Dで使用した際に管制塔の窓に変な模様が見えてしまう現象が発生していましたが、こちらもテクスチャの修正で解消しています。
あとは、特にP3D v5で使用した際に、少し窓がまぶしすぎるかな、と感じてしまいました。

このため窓の明るさを落とすなど、夜間用テクスチャについては全般的に見直しています。

大分空港はP3Dで霧の条件の時に滑走路照明がちらつく問題について、そのままになっていましたので、これについても修正しています。

大分空港の修正はこれですべてになると思っていましたので、早ければ数日程度で修正できる内容だと思っていました。
このため、函館空港の公開を大分と同時に、と考えていたのですが、ここまでの修正がほぼ完了したところで、大分空港の展望デッキがリニューアルされていたことに気付いていしまいました。

以前にリニューアル後の展望デッキの資料写真は集めていましたが、大幅に変わっているため、写真を見ながら今回のアップデートで修正するか、見送るか迷ったりしたのですが、今回修正することにしました。

修正前の展望デッキはこのようになっていましたが、

修正後はこのようになりました。

階段状の構造物はモデリングがかなり面倒でした。
屋上が平らではなく段差ができたため、屋上にいる人も併せて高さなどを修正しています。

展望デッキにあるバナナの形の段差注意のコーンも再現してみました。

大分空港の修正内容は以上です。

他の空港でFSX用とP3D用でファイルを分けているのは、半透明のオブジェクトの見え方が違うというのが大きな理由なのですが、大分空港の場合、半透明のものがそこまで使われていないのと、そこまで違和感が無いように感じたためあえてFSX用とP3D用とでファイルを分けず共通にしています。
また、大分空港はボーディングブリッジが一つのゲートに一つなので、SODE化も行いませんでした。

なお、秋田空港についてですが、SODEのXMLファイルでゲート3のJetwayの記述にMultiIndexの記述が抜けているとの連絡がありました。
このため3番ゲートのJetwayが動作しない可能性があるため修正しています。

小松空港についてはP3D v5で使用したときに一部デフォルトのオブジェクトが出現してしまうとの連絡がありました。
このため、P3D v5向けにExclusionを設置しなおして修正しています。
やっぱり手抜きをしてはダメだなぁと反省しています。
小松空港はSODE不要化キットも併せて更新しています。

ちなみに秋田空港は、C:\ProgramData\12bPilot\SODE\xml\FSSA_RJSK_SODE.xml のみの変更、
小松空港は、\Addon Scenery\FSSA_KOMATSU_RJNK\scenery\RJNK_ADEX.bgl のみの変更となっています

最後にインストーラーの仕様を少し変更しました。
今までは空港名のみでコントロールパネルに登録されていたため、ばらばらに登録されてしまう可能性がありましたが、登録名の頭にFSシーナリー工房とつけて、発行元も表示されるようにしました。

細かいことではありますが、全てのシーナリーが更新されるこのタイミングで修正してしまうことにしました。
ついでにSODEがバージョンアップされたのでインストーラー版に付属のSODEは最新版の1.7.0に更新しています。

富山空港はインストーラーと付属のSODEのバージョンアップのみの変更で、シーナリー自体に変更はありません。

秋田・小松・富山については度重なるアップデートになってしまい申し訳ありません。

今回の修正で、函館空港がVer.1.30、大分空港がVer.1.10、秋田空港がVer.1.11、小松空港がVer.1.11、富山空港がVer.1.20aとなります。
本来函館空港以外は上書きでインストール可能なのですが、インストーラーの仕様が変わったため、インストーラー版で導入されている方は一度アンインストールしてからインストールしたほうが良いかと思います。
函館は上書きでインストールすると不具合が出る可能性があります。

下記のそれぞれの空港のページよりダウンロードできます。

函館空港ダウンロードページ
大分空港ダウンロードページ
秋田空港ダウンロードページ
小松空港ダウンロードページ
富山空港ダウンロードページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください