富山空港 アスファルトテクスチャの調整

函館空港ではアスファルトのテクスチャがやたらとチラチラとノイジーな感じになってしまいましたので、このテクスチャを修正していました。

コントラストを落として、色調を調整したり、いろいろと修正を施した結果このような感じになりました。

2016-1-27_21-48-16-268

だいぶ落ち着いた感じにはなったんじゃないかと思います。

ちなみに函館はこのような感じ。

2016-1-27_21-49-7-168

今見返してみると、さすがにこれはやりすぎだったなぁと思います。

今回はこのテクスチャで行くことにして、舗装部分のグランドポリゴンを作りました。

2016-1-27_21-53-7-308

悪くはないという気もしますが、もう少しリアルなアスファルトの感じが出せないかなぁと思ったりもしています。
今回はこれでいく予定ですが、もう少しいい感じのテクスチャができなければ次回以降はデフォルトテクスチャに戻すかもしれません。
デフォルトテクスチャに不満があるときはREXを導入したほうが手っ取り早いのではないかと思ったりするのです。

エプロンなどにもテクスチャの貼り付けが完了しました。

2016-1-27_21-53-51-370

まだ、デフォルトのテクスチャがはみ出ていたり、路面のマーキングが不完全なところなどもありますので、もうしばらく滑走路周りの製作を続けていきます。

あと、滑走路にグランドポリゴンを貼り付けると滑走路の夜間照明が見えなくなってしまいますので、これも修正する必要があります。
ちなみにP3DのV2以降では滑走路の照明は路面より少し上に表示されるようになりましたので、グランドポリゴンを貼り付けても見えなくなることはなくなったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください