久しぶりにNew PC を自作

今まで使っていたPCは性能的にはそれほど不満はなかったのですが、いろいろとガタがきている部分があったり、そろそろWindows 10に乗り換えたいなぁということもあり、新たにPCを組むことにしました。

実は冬のボーナスの頃から考えていたのですが、シーナリーの製作が一段落してからと思っていたら今になってしまいました。

今回購入したパーツ達はこちら。

P1060384

CPU:Core i7 6700K
マザーボード:ASUS Z170-A
メモリ:DDR4 2666MHz 8GB×2

ちょっとCPUにお金かけすぎた気がしますが、今まで使っていた2600Kが優秀だったこともあり、せっかく新しくするならある程度の性能アップは欲しいと思ったらこれになっちゃいました。

新しく組むと言っても、ドライブ類など上記以外のパーツは今まで使っていたものを流用します。

あと、PCケースがかなりガタがきていたので、ケースも新調しました。
今回購入したケースはこちら。

P1060404

AntecのP100というモデルです。
すっきりとしたデザインが気に入ってこれにしました。
以前は前面が扉になっているケースは避けていたのですが、最近は光学ドライブを使う機会もめっきり減ってきましたので、デザインと静音性を優先させました。

久しぶりの自作だったので、いろいろと苦戦しました。
一番はまったのが、BIOSのアップデート。
特に不具合など感じていなければ特にアップデートする必要もないのかもしれませんが、アップデートするならいろいろセットアップする前のほうがいいかと思い、最小構成で起動を確認したついでにやることにしたのですが。。
BIOSのデータをコピーしたUSBメモリを挿して、BIOS書き換えツールのEZ Flashを立ち上げたのですが、EZ FlashからUSBメモリが認識されていないようなのです。
原因はUSBメモリがexFATでフォーマットされていたからだったのですが、これに気づくまでかなり時間がかかってしまいました。

他にもCPUクーラのフィンで指を切って流血したり、いろいろと苦戦しましたが、すべて組み終えました。

P1060396

今回初めて裏配線対応のケースを使ってみたので、裏配線にも挑戦してみたのですが、どうでしょう。
下に余った電源ケーブルが溜まっているのと、マザボの電源が裏からだと届かなくて表に出ているので、ちょっとイマイチな気がします。

裏側は初めてだと、とんでもないぐちゃぐちゃな状態になるかと思ったのですが、意外と綺麗に出来た気がします。

P1060400

もう少し本気でタイラップでまとめたりすればかなり綺麗になりそうな気がしますが、ほとんど見ることはないと思うので、多分このまま使うと思います。

今回フライトシムに一番影響するグラボの購入は見送りました。
今まで使っていたGTX760を引き続き使っていきます。
今年に出るとの噂のAMDのPolarisや、NVIDIAのPascalあたりでかなり性能アップしそうということもあり、しばらく様子見です。
今年あたり、4Kも普及してきそうな気もしています。

グラボが変わっていないので、今回のアップデートでの性能アップはほとんど体感することはなさそうな気がします。
試しにWindows7のエクスペリエンスインデックス見てみるとこのような感じでした。

エクスペリエンスインデックス

プロセッサのスコア、結構手強いですねぇ。
というか、以前の構成でのスコア確認しておくの忘れた。。

ドライバ類をインストールしたら今のところ特に問題なく動いていますが、このままでは気持ち悪いので、これからOSをクリーンインストールします。
OSはWindows 10をセットアップする予定です。
OSをクリーンインストールした後のフライトシムの環境を再構築するのが大変なんですよね。
明日1日あれば終わりますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください